2013年09月03日

逆SEOは果たして可能なのか?

逆SEOを行っている会社が荒稼ぎをしている記事を見かけた
2chや口コミサイトなどに、悪評を書かれて、ネット上に残った場合、一番最悪なのは社名で検索した際に、都合の悪い記事が出てしまうこと
これらのサイトの順位を意図的に落とすのが逆SEO会社になる
通常SEOとは、検索エンジンで狙ったキーワードで、いかに上位表示させるかになる
逆SEOは、狙ったキーワードで、現在特定の位置にあるサイトを圏外へ飛ばすのが任務だ
私を含めたSEOの仕組みをある程度理解している人間であれば、意図的に順位を落とすのが大変だと良く分かる
むしろ順位を上げる方が簡単なのだ
では、どのような手法を用いて、検索エンジンの順位を下降させているのか?
ターゲットとなるサイトに対して、膨大な数のリンクを送れば、結果的に圏外へ飛ばせる
多少のリンクであれば、自演ではなく、悪意的なリンク付けとして判断され、順位が変わらない可能性もある
しかし、同時期一気にリンク付けを行うことで、悪意的なSEO手法として、検索エンジン側では判断して、対象となるサイトの順位を圏外へ飛ばす
これが逆SEOの手法だと思われる
また、アンカーを同一にする
ペナルティを受けたサイトからリンクを送る
この二点も当然やっていることだろう
しかし、意図的に検索エンジンの順位を落とすことが可能と分かった以上、今後自分のサイトの順位が落とされないか?
当然不安になる
作ろうと思えば、ペナルティを受けるようなサイトは簡単に作れる
量的な問題をクリアすれば、ライバルサイトを蹴落とすことも可能だろう
グーグルに対する挑戦ともいえる逆SEOビジネス
今後事業が廃れるとすれば、アルゴリズムの変更があった時だろう

便秘 お茶
posted by アフィリ5080 at 18:48| Comment(0) | seo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

ブログ炎上すれば稼げる皮肉

アフィリエイトをしている時に、コメント欄を閉鎖しているケースが多い
これは、おそらく一般の閲覧者からクレームなどを書かれないようにするためだろう
ただ、少し考えて欲しいのが、炎上している=アクセスが多い時である
以前私の作っていたサイトで、2chに貼られたことがある
確か、役に立たないブログwみたいな感じであろうか
ジャンルは出会い系だった
ところが、その時一気にアクセスが来たのだ
当然検索エンジンからの評価もみるみるうちに高くなっていた
色々な人が、私のブログを貼ってくれたというのも効果があったのだろう
無料で得たナチュラル被リンクである
その後、一ヶ月に100万円以上稼げるサイトになってくれた
まさに貼ってくれた人には感謝をしたい
このように炎上したから、稼げないというわけではない
炎上するからこそ、話題になれるという効果もあるのだ
例で言うと、与沢翼氏などそうであろう
彼は、あえて人が不快になるような自慢をする
そうすることで、彼は良い意味でも悪い意味でも、話題の人になるのだ
SEOのテクニックをいくら駆使しても、話題の中心人物や、対象物には勝てない
彼自身、それを良く知っているからこそ、炎上マーケティングを好むのだろう
もっとも、話題になれるかどうかは何を扱うかによって大きく異なる
それこそ、旬の話題だけを狙った、トレンドアフィリエイトなど、もしかすると、炎上マーケティングに近いのかも知れない
ただ、注意してほしいのが、トレンドキーワードの場合、検索者が多いので、一時的に上位に出るだけ
炎上マーケティングは、あえて話題になるために、自身で火だねを作っているのだ
posted by アフィリ5080 at 21:09| Comment(0) | seo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

SEOで目安などない

目安というものは、作業でいうとゴールになる
検索エンジンであるキーワードで一位になろうとしたときに、サテライトがいくつ必要か?
メインの記事は何記事必要か?
もし、これが明確に分かったときに、おそらく人は目安の数値までは走れるからだ
ゴールの見えないマラソンは苦痛だし、不安になってくる
果たして本当にゴールにたどり着けるのだろうか
しかし、ここで考えてほしい
目安を知って、果たしてその通りになるだろうか?
大半がうまくいかないだろう
上位表示されているサイトの被リンク数なら、海外のサイトを利用すればある程度は分る
またメインのサイトがいくつインデックスされているかも、簡単に分る
ただ、仮に同じ数にしても、それ以外のアルゴリズムが作用するために、同じ結果が得られるわけないのだ
誰もが無意味な作業を恐れる
しかし、検索エンジンのアルゴリズムが分らないのに、数値だけを同じにすることが一番無意味なのだ
初心者の方がすぐに結果を出したい
だから、どれだけ作れば稼げますか?という質問をする
だが、過去に継続して記事を書き続けて、現在一位になっているサイトと、この間アフィリエイトを始めた初心者が作るサイト
量を遥かに質が凌駕する
まさに、ライバルサイトが初心者の作ったサイトなど相手にもならないほどの内容の濃さなのだ
目安を聞いて、数を作り結果が出なくて失望するよりも、自分が出来る事をやり続けるしか答えがないのだ
posted by アフィリ5080 at 21:08| Comment(0) | seo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。