2013年09月03日

逆SEOは果たして可能なのか?

逆SEOを行っている会社が荒稼ぎをしている記事を見かけた
2chや口コミサイトなどに、悪評を書かれて、ネット上に残った場合、一番最悪なのは社名で検索した際に、都合の悪い記事が出てしまうこと
これらのサイトの順位を意図的に落とすのが逆SEO会社になる
通常SEOとは、検索エンジンで狙ったキーワードで、いかに上位表示させるかになる
逆SEOは、狙ったキーワードで、現在特定の位置にあるサイトを圏外へ飛ばすのが任務だ
私を含めたSEOの仕組みをある程度理解している人間であれば、意図的に順位を落とすのが大変だと良く分かる
むしろ順位を上げる方が簡単なのだ
では、どのような手法を用いて、検索エンジンの順位を下降させているのか?
ターゲットとなるサイトに対して、膨大な数のリンクを送れば、結果的に圏外へ飛ばせる
多少のリンクであれば、自演ではなく、悪意的なリンク付けとして判断され、順位が変わらない可能性もある
しかし、同時期一気にリンク付けを行うことで、悪意的なSEO手法として、検索エンジン側では判断して、対象となるサイトの順位を圏外へ飛ばす
これが逆SEOの手法だと思われる
また、アンカーを同一にする
ペナルティを受けたサイトからリンクを送る
この二点も当然やっていることだろう
しかし、意図的に検索エンジンの順位を落とすことが可能と分かった以上、今後自分のサイトの順位が落とされないか?
当然不安になる
作ろうと思えば、ペナルティを受けるようなサイトは簡単に作れる
量的な問題をクリアすれば、ライバルサイトを蹴落とすことも可能だろう
グーグルに対する挑戦ともいえる逆SEOビジネス
今後事業が廃れるとすれば、アルゴリズムの変更があった時だろう

便秘 お茶
posted by アフィリ5080 at 18:48| Comment(0) | seo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

焦りが結果を悪くする

アフィリエイトでは焦ってはいけない
何故なら、SEOで順位が戻ってくる時もあるからだ

多くのブログや、SEOの専門家の人たちはペナルティを受けたらもうダメのような言い方をする
しかし、ペナルティは放置しておけば許される日が来る時もある
何故か、この事については、SEO研究所のトンちゃんしか書いてない

例えば、あるキーワードで一位になっているサイトがある
これは私が以前無茶苦茶な被リンクをつけて飛ばしたサイトだ
圏外へ取んで何をしても戻ってこなかったサイトなのだが・・・
ただ、それでもリンクを送り続けて、さらにある程度の期間放置していれば戻ってくるどころか、今までより上位に来る時もある
現状検索エンジン等で、稼げる方法や、SEOと言ったキーワードで検索する人は予想になりますが、過去にサイトを飛ばした人だと思う
メインさえしっかり作っておけば、少々ペナルティを受けても戻る時が来るのだ
あの時はどうあがいてもダメだった
でも、時期が来れば、正式な評価を受けるのです
だからドメインで作ったサイトは、怪しくても生かしておかなければならない
では、稼ぐつもりであれば、何をしなければならないのか?
とにかく迷わず今は手を動かすだけになる
初期でメインを作る作業を必死になってこなしていく
その時に作ったサイトが時間を経て大きな評価を受けられるように、コンテンツとサテライトを強化していけばいいのだ
私がいつも言う、稼ぐメインを作るのであればいくらでも作れる
ただ、支えるサテライトの数が足りないというのは、こんなところにもある
焦る人は、戻ってくるのが待ちきれずに、諦めとなるのだ
諦めなければいつかは成功する
posted by アフィリ5080 at 22:05| Comment(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。